鉄車工について

ご挨拶


 明治初頭に日本に鉄道が導入された当初、機関車こそイギリスからの輸入であったものの、それ以外の客車などはイギリスからの資材を日本で組立てたものでした。日本の鉄道車両工業はここに始まったと言えます。つまり、日本の鉄道車両工業の誕生は、日本の鉄道の黎明期にまで遡るわけです。
 それ以来、旧国鉄の前身である鉄道省を中心として、蒸気機関車や電気機関車などそれぞれの時代の近代化を牽引する鉄道車両技術を海外から積極的に採り入れ、次々と消化・吸収するとともに、日本の国土や社会の実情に最も適した形での技術開発と車両の国産化の道を歩んできました。鉄道車両の製造も鉄道省の直営から民間の鉄道車両や車両部品の製造企業へと移り、それぞれ現在の鉄道車両・同部品製造の各会社の基盤となってきています。
 日本が第2次世界大戦後の復興を成し遂げ、アジアで初めてのオリンピックが東京で開催されたのと時を同じくして、世界初の高速鉄道である新幹線が開業しました。新幹線は、それまで日本が培ってきた鉄道車両技術の輝かしい金字塔を打ち立て、以来、今日に至るまで日本の鉄道車両技術は、高速鉄道の分野でも地下鉄などの都市鉄道の分野でも常に世界をリードしてきたと信じています。
 昨今の地球環境問題への関心の高まりから、環境に優しい鉄道の優位性や経済性があらためて見直され、世界各地で新たな鉄道プロジェクトが推進されています。日本鉄道車輌工業会も未来ある鉄道を支える一員として、国内・国外を問わず今後の鉄道の更なる発展のため最大限の努力をして参る所存ですので、関係の皆様方におかれましてもご指導・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 



▲ページの先頭へ